FC2ブログ

旅の思い出<7>

今日はドレスデン郊外の古都マイセンでの思い出を綴ります。

マイセンは佐賀県の有田町と姉妹都市関係にあることでも知られています。

マイセン磁器工場・磁器博物館へは工場近くの駅で降りて歩いて向かいました。

「マイセン磁器のトレードマークの交差した青い剣」

見学用工房もあり、そこではマイセン磁器ができるまでの作業工程を1室ごとに実演して見せてくれました。
20140916_2.jpg
「轆轤挽きした土を型にはめ込んでいるところ」

20140916_4.jpg
「上絵付している様子」
熟練した職人の方々が、成形ーパーツ成形ー下絵付ー上絵付の行程を実演してくださいました。

磁器博物館では18世紀から現代までのきらびやかなマイセン磁器が約3000点並んでいて、館内はまるで宝箱のよう。
日本の磁器を紹介してあるJAPANのコーナーは日本人として誇らしく思えるほど、マイセン磁器とはまた違った温かみ溢れる作品が展示されていました。


工場からアルブレヒト城と大聖堂まではバスで移動しました。
丘を登って行く途中、2002年にマイセンの中心部を襲った洪水の跡が建物の壁面に残っていました…。

20140906_4_201409162152210e5.jpg
「アルブレヒト城と大聖堂」
マイセン磁器の原点ともいわれるアルブレヒト城。
マイセン磁器が完成した1710年から1864年までこのお城の中に磁器工場があったそうです。
古いマイセン磁器の資料も展示してありました。

城内は19世紀に描かれた壁画に包まれていました。
20140916_1.jpg
こちらの部屋では今でも結婚式が行われているそうです。


「マイセン磁器」の歴史を古都マイセンで実際に体感することができました。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nago377

Author:nago377
福岡市にある窯元です。陶芸家三人がそれぞれの作風でオブジェ・花入れ・うつわ・陶板などを制作し、登り窯・灯油窯で焼成しています。窯のこと・陶芸教室のこと、展覧会のこと、日常のあれこれを書き綴ります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる